私の50代アンチエイジング

shutterstock_449968585
アンチエイジングは抗加齢、抗老化を意味しています。女性にとってみればどんなに歳をとってもきれいになりたいと願うのは当然です。たとえ50代であっても、それなりの美しさを求めたいでしょう。そのためにこそアンチエイジングが必要です。できることをやって、抗うための対策を練りましょう。

スキンケアから始めるアンチエイジング

外見を整えることも大切です。ダイエットも重要になりますが、やはり50代らしくみえないようにするにはスキンケアが求められます。40代と比べれば回復力も低くなり、スキンケアを怠るとすぐに乾燥してしまうことも多くなります。また紫外線のケアをしているのに、シミやくすみが劇的に増えてくるのもこの世代。見た目として肌質が一番重要になってきますので、適したスキンケアをするようにしましょう。

50代は美しくみせるメイクの限界

美しくありたいのは女の特権ですが、それにも限界があります。50代くらいまでは美しく見せるための限界ラインです。60代となると美しさよりも健康的にみせるメイクを心掛けるほうが現実的です。よって50代がギリギリのラインと言えるでしょう。ただ肌質によってはダメージを受けやすくなっていますので、メイクでアンチエイジングをするのも注意が必要です。

厚化粧はやめよう

厚化粧をすれば、若く見えることもあるでしょうが、それが直接的にアンチエイジングにはなりません。あくまでも一時しのぎであり対症療法です。しかも厚化粧になると大きな問題が生じることもあります。化粧を多く使うことで肌にダメージが生じ、大切なターンオーバーを阻害してしまいます。

またクレンジングにも力を入れなければならず、洗浄力が強い製品や力が入ることで肌にもダメージを与えてしまうことも。見た目を気にすることでかえってアンチエイジングとは真逆なことになることがありますので、厚化粧は避けてください。メイクで抗加齢をする方法は得策ではありません。

いまから取り組むアンチエイジング

基本のスキンケアから取り組むことをおすすめします。化粧水、美容液、乳液といった基本的な対策をしっかり行っていきましょう。最近はオールインワン化粧品も人気を集めていますが、それだけでは50代のスキンケアとしては乏しいです。気になる箇所もあるはずなので、その部分にあった美容液を選ぶなど対策を取りましょう。あくまでもアンチエイジングは、スキンケアが基本になることをしっかりと叩き込むことが大切です。

保湿こそがアンチエイジングの美学

加齢の証拠となるシワやタルミは、保湿が失われたことによって起こる現象です。いわばアンチエイジングとして肌を見るなら、基本は保湿になります。保湿性と浸透性が高いスキンケア製品を選んでください。水分補給をして、保湿し、発散させない基本的な対策を徹底して行いましょう。

コラーゲンやヒアルロン酸といった保湿性製品としてお馴染みの成分に加えて、抗酸化作用を持つプロテオグリカンやセラミドなども用いると効果的な保湿を行うことができます。

目元、口元、ほうれい線対策を

オールインワン化粧品は手軽に使えて利便性が高い製品になりますが、これだけで50代のスキンケアをカバーするとなると限界があります。気になり始める箇所として目元、口元そしてほうれい線になりますが、それらに合った美容液があります。気になる部分は、それに合致した製品を使って対策を練るのもアンチエイジングの基本です。40代から顕著に見えるようになった加齢部分の箇所を、今からカバーしておくことをおすすめします。

そうすることで60代になったときに、その恩恵を得られるようになるでしょう。アンチエイジングは早めに行うからこそ、意味があるものです。50代から始めるには遅いことも指摘されるほど、若い時からしておくべき対策になります。

サプリメント等にも着目を

スキンケア製品を用いて化粧品だけでアンチエイジングを行うのも限界があります。体の内側から対策を取りましょう。暴飲暴食をすることも少なくなる世代ですので、そのような点はあまり心配する必要はありませんが、ビタミンの補給には気をかけておきましょう。抗酸化作用が強いビタミンEと美容効果があるビタミンCを補ってください。

また最近では抗酸化作用が強い水素関連製品も着目すると良いでしょう。あとプラセンタも効果があると期待されています。ただ高価な製品はあまりおすすめできません。長く続けられるサプリメント等を選びましょう。

生活の改善も大切

体の内側から改善を図ることがアンチエイジングには大切になりますので、適度な運動と快適な睡眠も怠ってはいけません。いまから継続して続けることに、アンチエイジングとして高い効果を期待できるはずです。

総合的に取り組もう

ひとつだけに捉われてしまえば、効果は少なくなります。あくまでも総合的に取り組むからこそ意味があるアンチエイジングです。